投資顧問のデメリットの中に受け取りがあります

投資顧問は専門家としての高い視点から判断に基づいた投資など多くのメリットがある反面、場合によっては受け取りなどにおいてのデメリットもあり、活用する上では考慮が必要となります。それは、各々の業者が定めた料率で手数料が発生することです。投資顧問と契約をする場合には、多くは投資助言契約か投資一任契約を締結するすることになりますが、まず、両方においてその対価として、助言または運用資産残高に対して投資顧問報酬が契約期間に応じてかかってきます。また、契約内容によっては、これに加えて運用資産残高の上昇分に対して成功報酬がかかることになります。つまり、パフォーマンスが悪くても契約期間中においては手数料が発生することになります。さらに、投資一任契約の場合には、この他に有価証券の売買手数料や証券の保管や管理にかかる信託報酬や管理手数料などが信託銀行等に発生することもあります。各々にかかる手数料は取引の内容や契約をする投資顧問によっても違いがありますが、運用がマイナスになってしまうと、商品のマイナスだけでなくで済まなくなり、受け取り額は大きく下がることになります。投資顧問との契約を行う場合には、投資をする内容い関して十分な理解をもって投資判断を行うことが大切なこととなり、投資を行う前に損失の許容範囲となるロスカットラインを決めて行う必要があります。そうすることによって、万が一損失を被ったとしても受け取りの減少を最小限に抑えることができます。また、内容としては金融商品の全般に言えることとなりますが、リスクに関してのデメリットも理解しておく必要があります。リスクはあくまでも自己責任となりますが、投資顧問は専門家によるアドバイスの存在が大きなために顧客側としては中々判断が難しくなってしまうことです。投資顧問と契約をして投資を行う場合には、デメリットを踏まえたうえで契約が必要となります。